日刊メルマガ

The following two tabs change content below.
2006年からニッチな趣味をテーマにしたオンライン講座で起業。マーケティングが趣味で、2017年からビジネスをお伝えする情報発信を開始。リストマーケティングを活用した息の長いビジネスモデルを構築するのが得意。⇒詳しいプロフィールはこちら

この記事では、メルマガの返信率を高める5つの方法をお伝えしていきます。

本記事の内容を実践されると、

メルマガの返信率

このように続々とメルマガ読者さんから反応が届くようになるはずです。ぜひ、1つずつ実践してみてください。

【動画解説】メルマガアフィリエイトの返信率を上げる方法

メルマガ返信率を高める5つの方法とは?

メルマガ返信率を高める5つの方法とは?

以下5つの方法でメルマガの返信率は劇的に向上します。

メルマガ返信率を高める5つの方法
1 メルマガに返信してほしい旨を伝える
2 返信することによるメリットを伝える
3 返信のお礼プレゼントを配布する
4 返信してほしい内容を明確にする
5 返信して良かったと感じてもらう

では、1つずつ解説していきます。

メルマガに返信してほしい旨を伝える

一般的に、読者さんは配信者のことを遠い存在に感じているものです。会ったこともないし、どんな人かも文面から想像するしかありませんからね。

ですので、読者さんから積極的にコンタクトを取るのは気後れするものなのです。

そこで、反応がほしいならその旨を明確に伝えましょう。これだけでも返信率が大幅に上がります。

返信してほしい旨を伝える
・感想を送ってもらえると嬉しいです
・質問は大歓迎ですのでお気軽に
・アンケートにお答えください
・コメントを残してください

返信してほしい内容を明確にする

メルマガに返信するには時間や労力が掛かりますし、人によっては勇気が必要な場合もあるでしょう。

そんな中で、何を返信していいのかわからない状態では、読者さんが行動を後回しにしてしまいます。

そこで、「読者さんはどんな返信をすべきか」をあなたの方で明確に提示してください。

返信内容を明確にする
・あなたが抱いている集客の悩みを教えてください
・どんな副業に取り組んでいるか教えてください
・今日のお話の中で、わかりにくかったことはありますか?

返信することによるメリットを伝える

返信することによるメリットを伝える
あなたのファンではない限り、読者さんは自分にメリットがある行動しかしない傾向があります。

ですので、返信することによる読者さんのメリットを伝えましょう。

例えば、こちらは僕が常設しているアンケート依頼文になります。

アンケート依頼文
——————————————
■アンケートのお願い
——————————————

より良いコンテンツ配信のためにアンケートにご協力お願いします。

アンケートフォーム
URL

※3分ほどで終わります。

以下の2点を伝えることで、多くの人が協力してくれているのです。

・アンケートに回答することで、あなたにとって役立つメルマガ内容になっていく
・回答にそれほど時間は掛からない
メルマガの返信率

ちなみに上記の依頼文章は様々なメルマガ配信者さんが真似をされていますが、「これまで全くアンケートが集まらなかったのに、この依頼方法を丸パクリしたら一気に回答が増えた」という感想をいただいています。

もっと詳しくアンケートについて知りたい場合はこちらの記事もどうぞ!

回答率を上げる!メルマガでアンケートを実施する方法

2019年2月15日

返信のお礼プレゼントを配布する

「読者さんは自分にメリットがある行動しかしない」と言いましたが、わかりやすいメリットの定番が「プレゼント」です。

プレゼントの例
・コメントを残してくれた人には特別プレゼントを配布
・アンケートに回答してくれた人にだけ無料講座を配信

このような方法が定番になります。

少し応用を利かせて、

1 読者さんの要望を元にコンテンツを作ります
2 だから、あなたの要望をお聞かせください
3 要望を送ってくれた人にだけ、完成したコンテンツを無料配布

このように、後から大きなメリットが得られるような工夫をすることもできます。

プレゼントを配布すれば、下の画像のように短期間で多くの反応を得ることも可能です。

返信して良かったと感じてもらう

返信して良かったと感じてもらう
1回でも返信してくれた読者さんは、その後も気軽に返信してくれる傾向があります。その理由は「あなたにメールを送る」というハードルが一気に下がるからです。

さらに、「返信して良かった」と感じてもらうことでファン化に繋がってきます。

そこで、あなたに反応したことによる満足度を上げための、効果的な2つの方法をお伝えします。

返信内容をメルマガやコンテンツに盛り込む

「返信したことが役に立った」と感じてもらうことで、読者さんの満足度は大幅にアップします。

そこで、その旨をしっかりと伝え、実際にコンテンツに反映していきましょう。

例1
「メルマガの返信率が低い」という悩みが多かったので、解決方法を動画で解説してみました。

【読者さんのメリット】

・自分の悩みを解決する方法を知ることができる
・自分の意見が動画作りに役立ったという満足感を得られる

「この人に悩みを相談したら、しっかりと答えてくれる」と感じてもらえたら、また何かあった時に相談してみようという気になりますよね?

その積み重ねで、読者さんは徐々にあなたのファンになっていくのです。

もう1つ、違う例を紹介します。

例2
昨日、メールでこのような質問をいただきました。

> 質問メールの原文をそのまま掲載
> 質問メールの原文をそのまま掲載
> 質問メールの原文をそのまま掲載
> 質問メールの原文をそのまま掲載

今日はこの質問についてお答えしていきます。

【読者さんのメリット】

・自分の悩みを解決する方法を知ることができる
・メルマガで扱われたという特別感を得られる

直接質問をしていない読者さんにとっては、「しっかりとメールを読んで回答してくれるんだ。じゃあ私も相談してみようかな」と、返信に対して前向きな気持ちになる傾向があります。

定期的に「頂いた質問にお答えするコーナー」などを設けるのも効果的です。

好感を持たれるメール個別返信テンプレート

個別にメール返信する際、相手に好感を持たれるテンプレートを紹介します。

個別返信メールのテンプレート
※相手の名前を挿入し、自分も名乗る

◯◯さん、こんにちは。
Rayです。

※メールやお問い合わせのお礼を述べる

メールありがとうございます。

▼ここからは相手のメール全文をコピペ

※相手の文章

> いつもメルマガありがとうございます。
> 参考になる内容ばかりで、毎朝届くのを楽しみにしています。

※あなたの回答

こちらこそ、いつもお読みいただいてありがとうございます!
そう言っていただけると、モチベーションがグッと上がります。

▲上記を繰り返す

※返信は歓迎の旨を伝える

また何かありましたらお気軽にご質問ください。

※お礼で締める

今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

以上が個別返信メールのテンプレートになります。

テンプレートの効果
・自動的に文章にボリュームが出る
・全てにしっかり目を通していることが伝わる
・締めの文章に困らず、お礼で気持ちよく終われる

このような効果があり、文章作成にも困らなくなりますので活用してみてください。

まとめ

メルマガの返信率を高める5つの方法はいかがだったでしょうか?返信をもらうことで読者さんとの距離が一気に縮まってファン化に繋がりやすくなります。

また、メルマガ配信のモチベーションアップにもなりますので、ぜひ実践してみてください。

さらに具体的なメルマガ運用法を学びたい場合は、こちらもお読みいただけると嬉しいです。Kindle Unlimitedにも対応していますので、実質無料で読むことができます。

リストマーケティングの教科書

2 件のコメント

  • いつも有益な情報をありがとうございます。
    メルマガへの返信は、どんぴしゃの課題でしたので、読み要らせていただきました。
    読者さんに役立つメルマガを発行するためには
    読者さんの気持ちを知ることが欠かせません。
    この記事を参考に、読者さんとの心の距離を縮めていきたいと思います。

    • コメントありがとうございます!
      ちょうどタイミングの良い記事だったみたいで良かったです。

      ぜひ、実践してみてくださいね!

  • Ray へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    2006年からニッチな趣味をテーマにしたオンライン講座で起業。マーケティングが趣味で、2017年からビジネスをお伝えする情報発信を開始。リストマーケティングを活用した息の長いビジネスモデルを構築するのが得意。⇒詳しいプロフィールはこちら