日刊メルマガ

The following two tabs change content below.
2006年からニッチな趣味をテーマにしたオンライン講座で起業。マーケティングが趣味で、2017年からビジネスをお伝えする情報発信を開始。リストマーケティングを活用した息の長いビジネスモデルを構築するのが得意。⇒詳しいプロフィールはこちら

「ネットビジネスで稼ぐためにはライティングが重要だ!」と言われますが、ライティングには様々な種類があります。

それぞれ目的や活用する場面、ライティング方法が違いますので、今回はその辺りを解説してみました。ネットビジネスで稼ぐために必要なライティング手法が網羅されていますので、参考にしてみてください。

文法の基礎

文法の基礎

これから紹介する全てのライティング手法に言えることですが、最低限、文法の基礎的な知識は身につける必要があります。

完璧な文法を目指す必要はないですし、義務教育で勉強したレベルで構いません。違和感なく読み進められて、意味が伝わる程度の文法で充分です。

この基礎的な文法の知識がないと読みにくく、また上手く伝わらなくなってしまいます。

たまに「助詞」「接続詞」「代名詞」などの使い方がめちゃくちゃで、何度も読み返さないと意味がわからない文章を見かけるので気を付けてください。

どれだけ素晴らしい内容だとしても、「日本語もまともに書けない人」と思われてしまっては台無しですからね。

SEOライティング

検索エンジンで上位表示させることを目的とした文章がSEOライティングです。

SEOライティングのポイント
  • 読み手だけでなく、検索エンジンも意識した文章
  • タイトルや見出しなどを工夫
  • 上位表示させたいキーワードの配置場所
  • ユーザーの滞在時間を伸ばすコンテンツ内容と構成

など、意識することがたくさんあります。

自分が伝えたいことを何も考えずにそのまま書くだけは、検索エンジンで上位表示させることはできません。

読み手の満足度が高いコンテンツを作るのはもちろんですが、それと同時に検索エンジンにも伝わるライティングスキルが必要になります。

コピーライティング / セールスライティング

コピーライティング / セールスライティング

「ネットビジネスで稼ぐための文章」と言えば、一般的にイメージされるのはコピーライティングでしょう。セールスライティングと呼ばれることもありますが、基本的にはどちらも同じ意味です。

コピーライティングはSEOライティングと違い、検索エンジンを意識する必要は一切ありません。読み手に行動してもらうことだけを考えて文章を組み立てていきます。

読み手にとってほしい行動の例
「商品購入」「資料請求」「問い合わせ」「メルマガ登録」「紹介」など 

使う場面としては、

  • 商品販売ページ
  • 広告文やバナー
  • ステップメール
  • 販促用のメルマガ

などでしょうか。

縦長のセールスレターをイメージされる方も多いと思いますが、Kindle本の販売ページのような短い文章でもコピーライティングが使われます。

コピーライティングについては別記事で詳しく解説しますが、セールスレターでは

  1. ヘッドコピー
  2. ボディコピー
  3. クロージングコピー

この3つのパートから構成されています。

また、人を行動に移させるために「PASONA」「QUEST」「AIDMA」などの型に沿って書き進めるのが一般的です。

コピーライティングを身につければ、文章1つで高額サービスを販売することもできます。様々なライティングスキルの中で最も難易度が高く、かつ高収入に繋がるのがコピーライティングと言えるでしょう。

情報発信系のビジネスでは、コピーライティングを磨くのは必須と言えるほど重要なものです。

コンテンツライティング

コンテンツライティングの定義は曖昧ですが、ここでは「読み手に価値を提供するライティング」とします。

  • 電子書籍
  • メルマガ
  • ブログ
  • Twitter

などで使われる、おそらく最も活用する場面が多いライティングでしょう。

SEOライティングのようにキーワードを意識したり、コピーライティングのように読み手に行動を促す必要はありません。

縛りがないので、伝えたいことがある人にとっては書きやすいライティングですね。

「自分が伝えたいこと(情報・価値)を相手に正確に伝える」ということに重きを置くタイプのライティングです。

相手に伝わりやすいライティングのコツはこちらの記事を参考にしてみてください。

相手に伝わるライティングのコツを紹介!

2019年3月20日

まとめ

ネットビジネスで稼ぐために必要な3つのライティングスキルを紹介しました。

コンテンツビジネスやリストマーケティングを行うなら「コピーライティング」「コンテンツライティング」の2つは必須です。

ブログを運営する場合は「SEOライティング」を勉強してください。

使う場面や求められるスキルは様々ですが、3つ全てのライティング技術が身につけばネットビジネスで収益に困ることはなくなるでしょう。

最後に一つ告知があります。

WEBライティングの基礎から応用、様々なテクニックを1冊の書籍に盛り込みました。実例が豊富でわかりやすい構成になっていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

伝えて動かす!WEBライティングの教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

2006年からニッチな趣味をテーマにしたオンライン講座で起業。マーケティングが趣味で、2017年からビジネスをお伝えする情報発信を開始。リストマーケティングを活用した息の長いビジネスモデルを構築するのが得意。⇒詳しいプロフィールはこちら