日刊メルマガ

The following two tabs change content below.
2006年からニッチな趣味をテーマにしたオンライン講座で起業。マーケティングが趣味で、2017年からビジネスをお伝えする情報発信を開始。リストマーケティングを活用した息の長いビジネスモデルを構築するのが得意。⇒詳しいプロフィールはこちら

コピーライティングやセールスレターの書き方を勉強していて、

  • 何文字くらいで書けばいいのだろうか
  • あんな縦長のセールスレターを書かなければ売れないの?

など、文字数について気になったことはありませんか?

そこで今回はコピーライティングに適した文字数を、実例を挙げながら解説します。

成約に至るまでに必要な情報を伝える

成約に至るまでに必要な情報を伝える

「最適な文字数を解説する」と言っておきながら、いきなりすみません。

コピーライティングに最適な文字数というのは正直ありません。セールスレターを公開する状況やオファー内容によって大きく変わってくるからです。

1000文字で充分なケースもあれば、30000文字でも足りないケースもあります。ですので、セールスレターの文字数について悩む必要は一切ありません。

考えるべきなのは、読み手が成約に至るまでに必要な情報を過不足なく伝えているかです。

例えば空腹で今にも倒れそうな人には「おにぎりありますよ」と伝えるだけで充分でしょう。

「このおにぎりは魚沼産コシヒカリで、具の鮭は・・・」なんて説明は不要なはずです。逆に、「そんな説明はいいから、早くおにぎりを食わせてくれ!」と感じると思います。

無駄な説明をすることで、成約率が下がることもあるです。

では、住宅販売ならどうでしょう?

一生に一度の大きな買い物をしようとしている見込み客の不安を全て取り除くために、あらゆる情報を提供をする必要があります。

「この人の言うことなら信用できる」と信頼関係を築く必要もあるでしょう。

このようにセールスレターは文字数ではなく、読み手が成約に至るまでに必要な情報を過不足なく伝えているかが重要なのです。

セールスレターはできるだけ短くする

とは言え、セールスレターは可能な限り短くすることで成約率が上がる傾向があります。「短くする=文字数を減らす」という意味ではありません。

同じ説明や情報提供を何度も繰り返さないということです。

情報不足では購入してもらえませんが、同じ説明を何度もクドクドされてもしつこくて読む気が失せてしまいます。

ですが、セールスレターは読み飛ばされるものですし、アピールポイントは何度も伝えなければいけません。そこで「視点を変えて様々な切り口で伝える」のが効果的です。

切り口を変える方法については、こちらの記事を読んでみてください。

セールスレターでの強烈なブレットの作り方

セールスレターでの強烈なブレットの作り方

2019年3月29日

少ない文字数で成約率を上げた実例

セールスレターは縦長で膨大な文字数のものが多いので、「文字数は関係ないと言われても、やっぱり多いほうがいいのでは・・・」という戸惑いはありませんか?

そこで最後に、少ない文字数で申込みが殺到したチラシの例を紹介します。

ヨガ教室の生徒を10倍にした方法

詳しくはこちらのKindle本でお話したのですが、「A4サイズ」のチラシ一枚から、ヨガ教室の生徒が殺到したという例がありました。(※読者限定でチラシの原本を公開しているので、興味があれば読んでみてください)

1年でヨガ教室の生徒を10倍にした集客法

 

簡単に状況を説明すると、

  • A4サイズという制限がある
  • 掲示板に、様々な習い事と一緒に並んで貼り出される
  • 掲示板を見る層は年配が多い

こんな感じです。

そこで僕は、

  • 遠目から掲示板を見た時に、ひと目で「ヨガ」とわかるように目立たせる
  • 写真を多めに使って目立たせると共に、教室の雰囲気を伝える

このようなことを最優先で盛り込みました。(もちろん、ベネフィットなども伝えています)

文章のパートはキャッチコピーが「ヨガ」の一言で、その下にベネフィットを箇条書きで記載しただけです。A4用紙全体での文字数は400程度でしたが、それでも申込みが殺到したのです。

おそらく、このチラシをそのままネット広告に出稿しても成約率は0.1%未満になるでしょう。なぜなら「ターゲット」「競合」「閲覧環境」などが全く違うからです。

まとめ

コピーライティングに適切な文字数についてお話しましたが、結局のところは読み手が成約に至るまでに必要な情報を過不足なく伝えているかということになります。

文字数は全く関係ありません。

読み手にとって必要な情報を把握するためには、事前のリサーチが必要になります。リサーチについてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

売れるセールスレターを書くための見込み客リサーチの方法

売れるセールスレターを書くための見込み客リサーチの方法

2019年3月25日

最後に一つ告知があります。

WEBライティングの基礎から応用、様々なテクニックを1冊の書籍に盛り込みました。実例が豊富でわかりやすい構成になっていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

伝えて動かす!WEBライティングの教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

2006年からニッチな趣味をテーマにしたオンライン講座で起業。マーケティングが趣味で、2017年からビジネスをお伝えする情報発信を開始。リストマーケティングを活用した息の長いビジネスモデルを構築するのが得意。⇒詳しいプロフィールはこちら